うーじのそろそろ本気になるかブログ

そろそろ本気になって何者かになろうとする日々を綴ったブログ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形

とても心が優しくなる映画でした。相手の事を思う事の力を感じました。

また、仕事に悩んでいたりする人にも是非観てもらいたい。きっと気付きがあると思います。

f:id:majiuji:20190915020258p:plain

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝パンフレットより

色々な紹介は、Ara-Meostoさんにお任せ

メモストさん、本当に詳細まできっちり書かれる方で、でも単純な紹介記事ではなくて、メモストさんの視点や気持ちがとても入っていて、でもネタバレにならないようにとても配慮されていて、是非、ヴァイオレット・エヴァーガーデン観た事ない方は、こちらを観て、映画館行ってください。

ara-meosto.hatenablog.com

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝を観て思った事

とは、言っても私の感想というか気持ちも書かせて頂きます。

 

映像美と仕草の描写

まずは、映像がとても綺麗だった。光や全体の色使い、そしてバランス。正直素人で語れるような知見もないけれど、映像に引き込まれていきます。ただ、綺麗という単純な部分でない所に実はもっと引き込まれます。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、手紙で思いを伝えるという事が重要なポイントというか要素になっています。

 

手紙だと届けられるのです。普段言えない心の内も。 

 

言葉を書けない人がまだ多くいる社会で、自動手記人形という職業が出来ているわけですが、映画の中では、その言葉ではなく、言葉に出てこない感情だったりがとても大切に描かれています。

映画代って安!

賛否両論あると思いますが、千円台でこの作品を観れている事に感謝すると共に、「安!」っと単純に思ってしまいました。

 

クレジットを観ながら、本当にたくさんの人が関わっていて、そのたくさんの人の仕事の結果をバイト時給で考えても1−2時間で楽しめるのは本当に素晴らしいと改めて思いました。また、今回はTOHOの映画館でしたが、広めのゆったりした席で画面も広くて綺麗で音響もよしでした。やはり、映画館で見るのは違うと改めて思いました。

 

ヴァイオレットの成長と変化

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形」自体は、元々のTVシリーズから派生したものとして作られているので、流れ的にもTVアニメの先にあるものという立ち位置です。

 

ただ、Ara-Meostoさんの記事にも説明されていますが、これだけで観ても全く問題ありません。それどころか、こちらを観てからTVアニメ版を見ると、深みが出来ますし、再度こちらの映画を観たいと強く思われると思います。

 

ですので、この成長と変化という点はTVアニメと比較してという事になりますが、日本語でいうと、「行間を読む」ではないですけれど、仕草なども含めて言葉そのものではないところから感じている部分が多いなと思いました。また、与えられる→与えるという方向へのシフトを感じました。

 

 今回は、Ara-Meostoさんの記事を参考にしていたり、映画をみて感動した事もあり、デスマス調の丁寧な言葉使いです。

 

おしまい。

 

クレジットから思う事

映画は、単純にみて楽しめば良いものだと思う。だから、値段がいくら安くても面白くないものは時間の無駄になってしまうし、たくさんの競争がある中なので、とてもシビアに評価される。

 

だから、本当はあえて事件の事は言及するべきではないかもしれない。

 

ただ、今日クレジットを観た際にとても強いどこにも持っていきようのない怒りと悲しみを感じた。この作品が遺作になった方もいるし、実際に名前も載っている。

 

大きな都会の映画館だと色々な人がいて、クレジットなんか気にせずすぐに立ち上げって帰る人がいる。いつもいる。でも、今日はいなかった。みんな同じ気持ちだったのだろうか。

 

一つ誤解を恐れずにいうと、良い映画であれば、クレジットまでしっかり観る。立ち上がる人がいなかったのは、単純に良い映画だったかもしれない。

 

クレジットの後に、すでに延期が発表された来春の劇場版。想像できない難しさは絶対にあると思うが、

 

 

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は現在鋭意制作中です。

 

には、本当に勇気をいただいた。応援していきたいし、素直にヴァイオレットや、他のみんなにまた会いたい。

 

いかはオフィシャルホームページより。

 

平素より、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズを応援頂きありがとうございます。

2020年1月10日公開を予定しておりました「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」につきまして、諸般の事情により、公開日を調整させて頂くこととなりました。公開を楽しみにして頂いておりました皆様にはお詫びを申し上げます。

C

新たな公開日につきましては後日発表を予定しております。

公開日の発表及び公開を迎えられました折には、皆様お誘い合わせの上、作品をお楽しみいただけますと幸いです。

なお、既にお買い求めいただきました「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の前売券ムビチケカードにつきましては、公開日の延期に関わらずご使用いただけますので、公開まで大切にお持ちください。

9月6日公開の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」につきましては、本日より上映開始となります。引き続き、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズの応援をよろしくお願いいたします。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」製作委員会

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト