うーじのそろそろ本気になるかブログ

そろそろ本気になって何者かになろうとする日々を綴ったブログ

もしかしたら生まれて初めて週刊少年ジャンプを購入してみた感想

 Netflixでアニメを観る機会が増え、昨日ちょうど全てみ終わったバクマンの記事を書いた。色々と考える機会になったし、夢を追いかけ頑張る人、夢を叶えても更に高みを目指し頑張る人、実際には名前も載っていないけれど、アシスタントとして漫画を必死に書いている人がいた。

 

www.majiuji.com

 

勢いにのり、週刊少年ジャンプを購入! 

もしかしたら、生まれて初めてジャンプを購入したかも。というのも、漫画はいつも兄が購入していたので、あと散髪屋で読んでいたので自分で購入した記憶がない。単行本は買っていたけれど。

まあ、初めてかどうかはおいておき、そんな裏側にいる人を感じたいと思い、コンビニで購入! ドキドキしながらジャンプを開く。

 

f:id:majiuji:20191001224602p:plain

週刊少年ジャンプ4410月14日号

 

あれ、おかしい。 何かが期待と違う。

 

なんだ、これは。。

 

知らない漫画ばかり、そして唯一のワンピースも読めない!

当たり前だが。何もわからない。カラオケにいったら、最新の曲しかない感じ。唯一のワンピースも、まだ読んでいない部分があるから、いきなり最新話を読めない。開くこともできない。

 

ちょっと待って。

 

どれも続き物だから、正直いきなり読んでも何がなんだか、わからない。

 

そうか、だから、定期的な打ち切りと新連載が必要なんだ。しかも、2、3種類の。自分みたいな新読者からすると、途中のものしかないと、正直楽しめない部分が多い。単行本買っても追いつけないし。

 

バクマンでは、「結構打ち切りってあるんだ?」とか、「なんで新連載1本だとダメなんだろう?」とか思っていたけれど、新読者からすると、2、3本新しい、面白い漫画があれば、少なくてもその分は楽しめるし、1年、2年と読んでいけば、読める漫画も増えるし。

 

結局、ほとんど何も読めない。悲しい。

 

誰か、私の認識が正しいか教えてくださいませ!

 

好みもあるが、レベルの差が歴然

自分が今まで読んでいて、アニメでもみているものは、明らからにある一定のレベルを超えているものがほとんどで、また、最近はとてもレベルの高いアニメや作画などみてしまっているせいもあり、なんとなく読んでみたいと思える作品がなかったのも正直残念に感じた。すでに自分がおっさんになっているせいももちろんあると思うが。。。。

 

これはどうなんだろう。本当にそうなんだろうか?

 

子供の頃はジャンプ結構色々な漫画を読んでいたような。。。

 

そう、確か1986年くらい。自分が読んでいた頃。

 

調べてみよう。

 

週刊少年ジャンプ1986年のラインナップ凄すぎた

「え?」

 

なんだこれ。

 

やっぱり、ラインナップが凄すぎた。これ全部載っていたの?

以下まさに最高にまとめてある記事参照させていただきました。一瞬、ジャンプオールスターかと思うほど。

 

敬称略にて失礼します。

 

北条司 シティーハンター

鳥山明 ドラゴンボール

原作:武論尊、作画:原哲夫 北斗の拳

 

もうこの3本が3連続なだけでびっくり。でこの後に続くのが。。。

 

ゆでたまご キン肉マン

まつもと泉 きまぐれオレンジロード

 

他にも個人的な好みでいうと、

 

魁!!男塾

キャプテン翼

銀河

聖闘士星矢

 

はよく読んでいたし、これだけで終わらず、

 

こち亀やハイスクール奇面組

 

などが、一冊に入っている。

 

そうか、だから、なんか見劣りをしてしまったのか。。。

*今ジャンプを楽しく読んでいるみなさま、偉そうなこと言って申し訳ない。正直読んでもいないので、面白さを偉そうに語れる人間でもないのです。ただ、おっさんが昔話を懐かしんでいるだけ。。。でも、ラインナップは凄かったよね。そこだけは、そう思うんだよな。やっぱり。

 

middle-edge.jp